髪の生育の基礎となる地肌


髪の生育の基礎となる地肌には比較的多くの皮脂腺があり、汚れやすい部分でもあります。

分泌が多いと汗や老廃物と混ざって頑固な膜を作ってしまうので、正常な代謝ができなくなって抜け毛やフケの大発生につながります。

洗いすぎはいけませんが、地肌を普段からきれいにしておくことは健やかな髪の成長には欠かせません。

すすぎ残りのない洗髪方法は地肌への負担が減ります。

また、髪に合うシャンプーを選び直してみるなど、毎日の生活の中で地肌と髪をケアしていくことで、病院でのAGA治療の効果をより高めることができるでしょう。

AGAは珍しい病気ではなく、男性ホルモンの分泌が著しくなる思春期以降なら誰もが発症する因子を持っています。

何歳以上の薄毛をAGAとして扱う等の特定の判断基準はないのですが、たとえば中学校3年程度でも人によってはAGAの疑いが濃厚なこともあります。

けれども脱毛や薄毛の発症にはストレスや他の疾患などが隠れている場合がありますから、確定するには専門の病院で診てもらうことが大事です。

なお、近年AGAの主要な治療薬であるプロペシアは、男性ホルモンの働きを弱める薬ですし、未成年の使用の安全性が確認されていないので、たとえAGAでも二十歳を超えない限りは処方不可能です。

病院での処方薬のような公共の医療保険の適用対象を見る限りでは、AGAの治療薬は現状では対象ではありません。

ですから、AGA専門クリニックであろうと一般の皮膚科医院であろうと治療は保険外診療となり、10割を患者が負担することになります。

費用の総額は薬の種類や数、治療の方法によって違うので比較しようがありませんが、もっともお手頃なのはジェネリックの内服薬を処方してもらうことです。

反対に費用がもっとも高いと思われるのは植毛ですが、本人の希望次第では百万円以上かかった例もあります。

整体やカイロなどと呼ばれる治療者がいるところでは、健康で丈夫な髪の毛が生えてくるように頭蓋骨矯正を行う施術院もあるのです。

頭蓋骨矯正を行うのは、頭皮環境が悪化するのは、頭の骨格が少々ズレたり歪んだりしているからだろうという考え方から来ています。

育毛治療やセルフケアなどと一緒にカイロプラクティックや整体などで頭蓋骨矯正の施術をすれば、それぞれの効果が相まって予想以上の効果が生まれることでしょう。

以前は若禿とも言われたAGAの発症と進行には性ホルモンが大きく関与しています。

アンドロゲンのひとつであるテストステロンという物質が同じく体内で分泌される酵素によって代謝され、DHTというホルモンになって正常な髪の成長を妨げることが明らかになっています。

5-α還元酵素がどのように分泌されるかは遺伝子による差があると最近では解明されており、いわゆるハゲ遺伝説は正しいというのが立証されました。

育毛方法が違えば、費用は大幅に変わります。

もし、自宅で育毛シャンプーや育毛剤を使って育毛するのであれば、毎月数千円あれば十分でしょう。

けれど、クリニックで診てもらうのなら、診察料や薬代で毎月数万円の出費になります。

では、植毛ならばどうでしょうか。

こちらも自毛植毛にするのか人工的につくられた毛髪で植毛するかで必要な予算が全く変わることに留意してください。

グレープシードオイルは、ブドウの種の中から抽出されますが、抗酸化力が強いのです。

抗酸化作用が強いため髪の毛の元になる毛母細胞の機能を抑制する活性酸素を除去できるのです。

さらには、乾いた頭皮を潤すオイルとして、オレイン酸が含まれているため、頭皮環境を整えるのには最良でしょう。

このオイルで頭皮をマッサージしたり、食事の中に混ぜるのも効果的ですし、サプリとして内服することでも効果が出るでしょう。

筋トレ=薄毛進行説をご存知でしょうか。

ボディビルコンテストに出場する男性が体毛を処理していることから広まっているのかもしれませんが、育毛相談を受け付けていると、「長らく筋トレをしているので、どうなんでしょう」と言われることがあり、ひそかに悩んでいる人も少なくないようです。

一般に、筋肉を蓄積するタイプのトレーニングを重ねていくと、テストステロンという男性ホルモンの分泌が増加し、抜け毛が増え、薄毛が進行すると言われています(なぜか毛が細るとは言われません)。

でも、すべての人に影響があるわけではありません。

まったく影響が出ない人もいれば、トレーニングメニューを変更するだけで薄毛への影響を抑えられる人もいます。

まずはAGA検査で自分の薄毛のタイプを知るべきでしょう。

男性ホルモンが影響するタイプなのかどうかは、クリニックの検査でも、通販の検査キットでもわかりますので、検査してから判断したほうが良いでしょう。

運動そのものは、育毛にも体にも良い影響があるものです。

世の中には育毛や薄毛ケアに対する俗説やヤラセ記事が少なくありません。

こんなもの信じて良いのかと思いますが、信じやすく書かれていることもあるので余計に混乱するのです。

育毛は早期にはじめるほうが効果的ですが、あわてず、よく調べて、自分に合った正しいケアを選ぶようにしましょう。

たしかに効果があるものの、人によっては肌トラブルを起こすような製品を「誰にでも」と言って売っていたりすると、育毛効果が得られれば良いですが、抜け毛が増えたり、地肌が傷んだりする可能性もあるのですから、過去の育毛実績がどのくらいあるのか、優位性にはどんな根拠があるのか、類似製品や他サイトでのクチコミも参考にしながら安全で自分に合った育毛方法を選びたいものです。

育毛剤の効果を得るには時間がかかりますから、最低でも3ヶ月、理想的には6ヶ月使用した人のクチコミがあると嬉しいですね。

副作用が強かったり、書かれていないような症状が出たときには、すぐに使用をやめるようにしてください。

現存している髪の毛を育んでいくというのが育毛の目的なのです。

そして、育毛剤は頭皮環境の改善や髪の毛が育つために要る栄養素を届けたり、痒み、フケを抑えたりなどの毛が抜けるのを防ぐ効果とか丈夫な髪を育てる効果が期待できるわけです。

一方で、発毛というと、さまざま原因により減ってしまった髪の毛を少しでも増やすことが目的です。

ですから、発毛剤には弱くなった毛母細胞を活性化させ、残念ながら休眠期に入ってしまっている毛根を蘇らせる効果が期待できる成分が入っているのです。

育毛と発毛は似ているようですが、髪への作用が異なるので、その時々で使い分けるといいでしょう。

男性が発症すると思われているAGAですが、頻度こそ少ないものの、女性でも発症するケースがあります。

ただ、AGAというと男性の場合を指すのが普通ですから、Female AGA(女性男性型脱毛症)、その頭文字をとってFAGAと呼ばれています。

AGAと異なる点というと、始まりにM字型を呈することはなく、全体的に髪のボリュームが失われて薄毛になる点、また、抜け毛を抑制する効果が女性ホルモンにあるため男性型脱毛症のような進行性のものではないということです。

血流の改善は頭皮の健全化を促し、AGAの進行防止に役立つのは言うまでもありません。

スポーツ以外で誰でも手軽に体を温める方法として、フットバスというのはなかなか効果が高いです。

家電量販店やホームセンターでも足湯桶や専用マシンが何種類も並んでいると思いますが、1000円以下でも足湯専用バケツがありますし、大きなタライやバケツでも代用できてしまいます。

ただし、お湯が冷えるまでやってしまうと逆効果ですので注意してください。

これから育毛しようという思いがあるのなら、大切なキーとなるのはアミノ酸です。

育毛を考えるとき、アミノ酸は絶対に必要な大切な成分の一つということですね。

アミノ酸の種類は一つではありませんので、例えば、雑穀米などで穀物、スープなどで豆類、卵焼きや目玉焼き、納豆や豆腐などで大豆製品、焼き魚やお刺身などで魚類のようにバランスよく食べることが大切です。

必要になってきますから、飲酒は節度を守るようにしましょう。

髪を洗う時に石鹸シャンプーを使ったら、育毛にどう関わるかというのは、長所もあれば短所もあります。

天然物が主成分のため、人工的な合成界面活性剤が含まれず、髪や頭皮に刺激が少ない点が長所にまず数えられます。

そして、パワフルに洗浄できるところも長所ですが、他方、頭皮の健康への影響としては短所になることも否定できません。

頭皮の油分が過度に取られる可能性もあるためです。

発毛を促進させたい気持ちは充分分かります。

そのために頭皮に刺激を与えて、頭皮や毛根周辺をブラシでタッピングするという方法をたまに噂を聞くことがあるでしょう。

答えを先に言うと、この頭皮をタッピングする方法は育毛や発毛が期待できないばかりか頭皮にはこの刺激が負担になって、抜け毛、および薄毛の要因になるケースもあるのですよ。

薄毛や抜け毛を引き起こさないためには、ブラシのように先が鋭利なものではなくて、丸くて柔らかい指先などでマッサージするのであれば、あまりダメージを与えずに毛根や頭皮の状態をアップさせることが可能になるのです。

薄毛を治すために医療機関を受診する人の数が、このところ多くなっていますが、治療に必要な薬・育毛剤の費用や、薄毛治療そのものにかかる費用は、医療費控除の対象と認められる可能性があるのでしょうか。

それについては、税務署の判断によるところも大きく一概には言えないものの、対象外と判断されることが一般的です。

しかし、運よく認められた場合に備え、治療費の領収書などは手元に残し、とりあえず医療費控除の申請をしてみてはいかがでしょうか。

エステに、育毛目当てで足を運ぶ男性が、昨今増えつつありますね。

エステティシャンによる頭皮のケアで、丈夫な髪が伸び、成長していくのではないでしょうか。

でも、代金は決してお財布にやさしいわけではなく、時間がない方は、通うのもなかなか難しいでしょう。

一方、育毛クリニックと違って、 人によっては、効いているかどうかわかりにくいかもしれませんね。

髪が薄くなった、その起因次第では、 エステ通いが、必ずしも良いとは言えません。

頭皮が気になり始めたら、まずはこれだという薄毛対策は多く含まれておりたばこを吸っていても薄毛で悩んでない人もいますし別のことが原因なのではと考える方もいるでしょう。

ただし、体の作りは一人ひとり違うものですので、通常の大人の場合で1日に数十本から100本の抜け毛があると言われています。

それでも髪が薄くならないのは、抜け毛の量に相応した充分な発毛があるからです。

ですから、薄毛の対策としては「発毛を増やす」、「抜け毛を減らす」の両方が大事なのです。

では具体的に何からはじめたら良いかというと、髪の健康のために、頭皮はもちろん、体全体の血流を良くするように心がけましょう。

血流が妨げられている状態を続けると、髪や地肌は細胞単位で日々再生されていますが、再生と維持に欠かせない栄養素が必要な場所に必要なだけ行き渡らないですし、老廃物の排出が不充分になり、抜け毛以外にも、頭皮に深刻なダメージを与えてしまいます。

血行促進は誰にでも推奨できる育毛方法の基本です。

頭の付け根のコリをほぐし、頭皮をマッサージするなどして血行を促進しましょう。

洗髪時が手軽ですが、オフィスなど人目が気になる場所では、こめかみから後頭部までの頭皮を、指先を揃えて抑えるように揉むと、無理がなくて良いでしょう。

リフレッシュもできます。

血行を良くするには血管がドロドロの状態は避けたいので、水分を意識的にとることが大事です。

一度にたくさんとれるものではありませんので、一日を午前、午後、夕食後に分けて無理なく一定量をとりましょう。

血液がサラサラになると言われている食品をとるのも良いですね。

最後に忘れてはならないのは、適度な運動です。

特別な運動をする必要はありません。

自転車や階段の使用、電車通勤できちんとした姿勢を意識する、複数の用事を一度に済ませずマメに席を立つなど、続けられることから始めてみましょう。

薄毛の改善には生活の見直しも大切であるとされおり、質の良い睡眠をとることをオススメします。

十分な睡眠時間がない場合や、睡眠の質が低下していると、髪の育成を妨げるので、育毛のためには睡眠にも気を配る必要があります。

寝る前の飲食をやめることや、入浴する、テレビやスマホの液晶画面を見ないことが、睡眠の質の向上につながるでしょう。

海藻類が髪の毛に良いという話は、昔から言われていますが、確かに、海藻は身体には良いものの髪の毛が生えるような効果は無いというのが一般的な説でした。

ところが、フコイダンという海藻に含まれている成分が毛母細胞を活性化させて発毛に欠かせないIGF-1と呼ばれる物質を増加させることが研究によって明らかにされました。

IGF-1はソマトメジンCとも呼ばれ、大豆製品や唐辛子を食べても生成されることが認められています。

育毛に必要な基本的栄養素というと、細胞の回復時に必要なビタミン群、タンパク質、ミネラル、亜鉛、酵素などです。

亜鉛は微少金属ですが、男性の場合は育毛以外に代謝されるため、とくに不足しがちです。

低栄養状態では体の恒常性や機能を維持することを優先し、髪への栄養補給は後回しになってしまいます。

新陳代謝や免疫力が低下するので皮膚トラブルが起こりやすく、汗をかきやすい頭皮などは比較的早いうちからダメージが出やすいようです。

栄養バランスが良く、消化しやすいタンパク質を含んだメニューを選ぶようにして、髪や頭皮に栄養が届き、老廃物を排出できるよう、マッサージや運動などで血行を促進させるのも効果的です。

実際には、入院でもして厳密な栄養計算をしない限り、食品栄養バランス表に適った食生活はできないと言います。

育毛のためならば、サプリメントで補完するようにすると一つの方法です。

価格が手頃で、ドラッグストアやコンビニでも入手できるので、継続しやすい点も魅力です。

育毛のためには栄養素の中でも亜鉛が必要不可欠となります。

亜鉛不足により薄毛になることもありますから、日頃から意識して摂るようにしてください。

亜鉛は納豆や海苔、牛のモモ肉といった食材に含まれていますが、意識的に摂ることができなければ、サプリを補助的に使用するということも挙げられます。

亜鉛のほかにも鉄分やビタミンE、タンパク質なども髪を守るためには非常に重要な栄養素として挙げられます。

育毛を続けていくうえでは食生活の改善も大切です。

血液をサラサラにする食材が良いと言われていますが、糖分や油を摂り過ぎると血液がドロドロになり、毛髪の育成に悪影響を及ぼし抜け毛を進行させます。

調理済み食品便利ですが、常温でもおいしく感じられるように見た目より多くの脂質が含まれていたり、添加物が多いため、毛髪や頭皮にダメージを与えてしまうことがあるようです。

ネットを調べれば、髪に良いという食材がいろいろ出てくると思いますが、ダイエットに良い食材をたくさん食べても痩せないように、「効くから」と集中的に食べること自体はあまり効果がありません。

バランスのとれた栄養がとれるようなメニューをとるよう気をつけましょう。

一日のうちすべてを変えるのは無理でも、普段から留意して、できるところから改善していくことです。

言わずもがなではありますが、カロリーの過剰摂取は万病の元ですし、育毛にとっても良いことはありませんので、注意すべきです。

数ある育毛情報のうち、数多くのウソもあることですのでうのみにしないことが大切です。

ワカメや昆布が育毛に良いなんて聞きますが本当ではないようです。

育毛は、真実の情報に従って継続しないと、得られる効果も限られますから、嘘の話に戸惑わないようにすることが大切です。

療法の中でも、とりわけ民間療法は、個人により効果の程度が大きく分かれるので、よく検討する必要があります。

体質的にAGAが発現する可能性の度合いを判断できるAGA遺伝子検査は、治療方針を立てる上で非常に有効です。

血液型が生涯変わらないように遺伝子もまた変化するものではありませんから、何度も検査する必要はなく、一生に一度検査すれば十分です。

遺伝子検査はAGA治療を実施している病院なら普通に受け付けているものの、通院する時間がとれなかったり費用面で安くあげたい時には、通販の遺伝子検査キットを購入すると病院に行かずに検査することも可能です。

育毛剤の使用を開始してしばらくすると、初期脱毛の可能性があります。

薄毛をなんとかしたいと思って育毛剤を使用しているのに髪の毛が抜けるようなら、使用を中止したくなりますよね。

これは、育毛剤の効果があるという証拠だと考えられるのであきらめずに使い続けてみてください。

1か月程度がんばれば徐々に髪の毛が増えてくるはずです。

育毛専門施設というと、どういったところを思い浮かべますか?育毛を専門に扱う施設にはサロンとクリニックがあります。

この2つがどう違うのかというと、医師による医療行為があるかないかです。

育毛サロンは、体質に合った育毛剤の処方やプロの手でマッサージをしてもらうなど、発毛を促すことが主な目的になります。

また、クリニックは、医師による薬の処方や器具を使った発毛医療を受けることができる医療機関になります。

薄毛で病院に行きたくなくて、自分一人で改善できる方法を探して、市販の対策グッズなどで改善方法を探している人も多いでしょう。

しかし、様々な方法を試しても効果が無いと感じたら、思い切って育毛外来に足を運んでみるのもいいと思います。

育毛外来は、今では全国にあります。

多くの人があなたと同じ悩みを抱えているということです。

あなた一人だけでなく、多くの人が薄毛で悩んでいます。

効果が感じられないセルフケアを今も続けているのなら、早めに専門医の診察を受けに行きましょう。

同じお金をかけるなら手っ取り早く効果が出るほうが良いけれども、まだ植毛には頼りたくないといった時の次なるAGA治療方法といえば、病院でのメソセラピー治療があります。

頭髪の成長と維持に不可欠な栄養素や発毛に有効な成分などを頭皮にダイレクトに注入し、内服薬や塗布よりも早く発毛効果を得るための治療法です。

頭皮を冷やしながら針を使って注入する方法と、針なしの治療法も確立されており、針ありと針なしを併用することもありますし、外用薬や内服薬とあわせて治療していくこともあります。